インフルエンザは吸入薬と加湿が大事

日本の冬は非常に寒さが厳しく、そのことによって人間に様々な弊害をもたらします。急激な気温の低下は人間の体の血行を悪くし、血流もわるくなるので、体に適切に栄養が行き渡らず免疫力が低下します。体温も下がっていくので風邪やインフルエンザに感染しやすくなります。インフルエンザに感染すると風邪とは異なる酷い症状に苛まれることになります。その特徴的な症状が40度を超す高熱であると言えるでしょう。高熱は体内に入ったウイルスを何とか体外に排出しようとする症状です。しかし高熱のあまり、日常生活がままならなくなります。咳や鼻水などの症状も酷く、下痢や嘔吐も伴います。インフルエンザに感染しないように努めるのが何よりも大事であることが自ずとわかって来るでしょう。インフルエンザウイルスは空気が乾燥すると活発に活動し、湿度が高いとその活動が弱まる特徴があります。そのため冬には加湿器を用いて湿度を60パーセント程度に維持することが大事です。また加湿器が無い場合には、室内に濡れタオルなどを干しておくのも有効であると言われています。お茶などを頻繁に飲んでのどを潤すのも良いでしょう。またインフルエンザは持病がある人が感染すると重症になることがわかっています。そのため持病のある人は感染対策を万全にすることも大事です。持病のある人は予防接種もなかなか受けることができません。そこで有効なのが吸入薬のリレンザを感染対策に用いることです。リレンザは粉末の薬が肺で充満し、侵入してきたウイルスの増殖を食い止める効果がかります。薬の飲み合わせなどの心配をする必要もないので持病のある人にとっては利便性の高い予防対策薬となってくれます。

ページトップへ