インフルエンザの感染予防と特効薬について

日本では冬になるとある流行感冒症がみられます。それはインフルエンザと言う流行感冒症を指します。インフルエンザは一般の風邪とは大きく異なります。それは風邪とは違って40度近くの高熱に悩まされるようになります。こうした高熱が出ると日常生活がままならなくなります。高熱が出ると、大人でも立っていることが難しくなります。子供や高齢者がこうした高熱を出すと肺炎や脳症を患うこともあります。こうした最悪の事態に陥らないためには何よりも感染予防が大事という事がわかります。最も言われているのが手洗いやうがいを毎日徹底することです。インフルエンザは接触感染、飛沫感染と言う感染経路があるので、手を洗いうがいをすることは感染予防に効果があると言えます。またもう一つ大事なのが室内の湿度を60パーセント以上に維持することです。インフルエンザウイルスは湿度が高いと活動が鈍る傾向にあり加湿をする事だけでも感染確率は下がると言えます。また飛沫感染の防御としてマスクを着用するのも効果があります。マスクをすれば喉も潤うので、なお一層感染確率を下げることができます。一番感染対策として有効なのはインフルエンザの予防接種を受けることだと言われています。体に抗体ができるので万が一ウイルスが侵入してきても重症にならずに済みます。しかしこれだけ万全に対策を講じていても、免疫力や抵抗力が低下していると簡単にインフルエンザに感染してしまいます。こうした場合には早急に医療機関を受診することが大事です。持病がある人が感染すると重症になるので医療機関の受診が何よりも大事です。医療機関ではインフルエンザと分かれば特効薬であるタミフルやリレンザを処方してくれます。

ページトップへ