インフルエンザを一番早く確実に治す方法

日本では冬になると流行感冒症に多くの人が感染します。外気が0度以下になる事、血行が悪くなる事、体温が低下するなど様々な要因が重なって免疫力が低下し、流行感冒症に感染してしまいます。また気温が下がると空気が乾燥してしまいます。空気が乾燥すると、ウイルスが活発に活動しやすくなりそのことで感染リスクが高まります。インフルエンザに感染すると、風邪とは異なる激しい症状に見舞われます。それは40度以上の高熱であり、それに伴って全身の関節痛も見られるようになります。また体がウイルスを体外に排出しようとして下痢や嘔吐、鼻水、咳が出るようになります。風邪とは違って立っていることも困難になり、学校を休んだり職場を欠勤することが必要になります。風邪は数日水分を良く取り、良く寝て静養すれば治るようになります。しかしインフルエンザに関しては静養だけでは完治しません。インフルエンザは肺でのウイルスの増殖を食い止めない限り完治することはありません。そのためインフルエンザを一番早く確実に治したければ医療機関を訪れるしかありません。インフルエンザを完治させるには、そのための特効薬であるタミフルやリレンザを服用することが必要不可欠です。それらの薬を服用すれば肺でのウイルスの増殖が食い止められ次第に諸症状が緩和されるようになります。またリレンザとタミフルは一般的な薬局やドラッグストアで市販されていません。そのため確実にインフルエンザを治すには医療機関を訪れるしかありません。また医療機関以外ではインフルエンザの治療薬はネットで買えますのでリレンザやタミフルもお求め可能です。またこうした特効薬の服用と共に、経口保水液やスポーツドリンクなどで水分をしっかりとり脱水症状を回避することがなによりも大事です。また一週間程度は安静に自宅療養が必要になります。

ページトップへ